Top はじめまして   Profile  Works  Column  設計の進め方、設計料について   お客様の声  Press Release
 よくあるご質問   Link  Blog  itiS  事務所案内 お問い合わせ  
 〒104-0033 東京都中央区新川1-21-1 茅場町タワー#1809 tel/03-6222-8525  fax/03-6222-8526
Works   中庭を挟んだ2世帯の家 埼玉県深谷市IK邸                  この設計のテーマ・お客様からのご要望・設計データへ
 
     
     
     
   
     
   
     
   
             
   
東側正面、外壁はガルバリューム鋼板とリシン吹付け。左右に振り分けた駐車場から中央の階段をのぼり、両引きの風除室ドアを開き、それぞれの所帯玄関に入る。左棟が子世帯、右棟が親世帯。

 
  西側より。屋根のあるデッキが有用に使われている。子世帯のダイニング付近から中庭に延びているウッドデッキテラス半戸外に使えるが屋根があるので使い易い。
 
 
   
風除室の引戸を締めたところ。ドアの高さは2700。強風の季節には砂塵がひどくなるので砂の侵入を防ぐ為の風除室ドア。
  引戸を開けると、両側に各戸の玄関があります。砂の侵入を防ぐ為に、家の中に入るまでに扉を二重にしてある。

 
   
ウッドデッキテラスは子世帯2階階段
ホールや中庭から西側を見通せる。
  2階デッキの縦穴からは西北方向の山並みがキッチン、ダイニングからも臨める。親世帯との距離感も意識して解放しすぎない。
 
   
中庭の真ん中にはシンボルツリー。緑はこの一本だけにしてあとは共有のテラスとして使用する。
 
  子世帯のLDKのハイサイドライト。梁がアクセントに。
ローコストを狙い、子供部屋などは居間から細い階段で上って行く形になったので天井高さが必要となった。
ハイサイド窓と構造材を現しに使い、照明器具をとり付けた。キッチン収納やリビング収納は全て大工の造り付け工事とし長い壁面収納にした。
 
 
   
子世帯のらせん階段。床材や階段の段板材は廉価な松、構造用合板を使用した。1階の玄関ホールから2階LDKへは螺旋階段を使用する。
 
  屋根のあるデッキには、船舶用の照明を。D・Kからは船のデッキのように船舶照明が付いたテラスが延びている。
 
 
   
中庭からデッキを見上げる。解放された一体の空間として使えます。   中庭に向け各部屋から大きな窓をとっているが、特に2階の階段ホールからはその光を吹き抜けを通じて玄関ホールまで届ける。
 
     
屋根材と同様、外壁までガルバリュームを廻したので、オープンデッキがより戸外の感じがします。

     
         
Copyright 2011 菅原律子設計事務所itiS All right reserve